• 注册
  • 动漫交流 动漫交流 关注:0 内容:943

    看到那篇横读再见绘梨的文,想起入间一篇双重结构的短篇

  • 查看作者
  • 打赏作者
    • 动漫交流
    • 看到那篇横读再见绘梨的文,想起入间一篇双重结构的短篇

      知名坛友3000前段时间在微博发表了题为『对页横读——《永别绘梨》中隐藏的“第4个剧本”』的文章,对这篇漫画提出了横向阅读这一阅读方式,获得转发千余次,赢得赞叹连连。我确实能感觉到双页摆在一起的视觉效果更好,不过我和我认识的许多网友都对他这篇文章不太认同……以上不是这个帖子的重点。
      被这篇文章提醒,我想起入间人间写过一个双重结构的短篇,题为「だからなんで7番なんだよ」——这个短篇确实拥有横读和纵读的双重结构

      看到那篇横读再见绘梨的文,想起入间一篇双重结构的短篇

      本作原刊载于2012年6月8日发售的《电击文库MAGAZINE》Vol.26,是电击大赏插画部门得奖者×电击文库活跃作家联动企划『illust×story』中的第七篇。
      入间人间借助该专栏在杂志上的排版,创作了一篇拥有双重结构的实验性小说。本文可以用两种方法阅读:
      ①按照正常方法,自右往左、自上往下依次阅读三个段落。
      ②将三个段落上下拼接为一个段落,即按照第一段第一纵行→第二段第一纵行→第三段第一纵行→第一段第二纵行……的顺序阅读。

      看到那篇横读再见绘梨的文,想起入间一篇双重结构的短篇

      本文的男主角要从一位女高中生(右)和一位刚从小学毕业的小女孩(左)中选择一人作为自己的爱人。如果通过第一种方法正常阅读,男主就是选择了同龄少女的正常人。如果通过第二种方法阅读,男主就会成为一个无可救药的萝莉控。以下是按照两种读法分别整理之后的原文:
      【读法一】

      その男がこの星に生を受けて、そして死んだことが彼女たちの因果の始まりだった。二人の共通の祖先に該当するその人物は非常に優秀、人類の見本のように讚えられていたとされる。男が二人の子供を世に産み出して、その中の一人が時を経て男の血が薄まることを想像して、その根絶を恐れた。それを防ぐため、家系図の右側の系譜を行く者たちは近親交配を重ねて、次世代に血を受け継がせる道を選んだ。一方の左側の家系図は、天才が生まれたことについて血統ではなく偶然の結び合った結果と捉えて、けど祖先の人柄を欠かさず伝えて子孫を生んだ。当然、僕たちはおかしいさ。世間一般の常識で判断すれば。だが信念は生き延び、今に至る。右側の娘は高校三年生。僕よりも一つ年上で、能力と鼻の高さに加えて、容姿も大人びている。今年に中学へ進学したばかりの、左の女の子を素直に評価するならかわいらしい見た目だが、中身は語る必要がない。典型的な一族の一員で、遺伝子と過去に囚われている。そんな女の子と何年も待たないですぐ子供を作ってしまえと、その強要が今の僕を取り巻くもの、呪いだった。祖先の血というのは僕らにとって呪縛に等しい。年齢や世間体など省みずに子を成せと命じる。血の連鎖こそが使命である、身内だけの常識のその向こう側に、そこでやっと気づかされた。僕を突き動かす衝動は、一族への激しい反発だ。僕の血は得いのか、一族との距離を強く感じる。その道がどれほど苦難の連続か語られようとも、理由を説明されても大抵は納得できない。その娘たちがそれこそ、あまりかわいくなかったので終わりなら良かったのだが、勿体ないことに人が羡むほどの外見を有していた。それゆえに人はその在り方を認める。しかし、それだけですべて解決することを願うのは愚かという奴だ。右の娘には一族の思想に基づく教育が施されて、血統こそ誇りであるという価値観を完成させた。左の娘は自然体で、あるがままを良しとしたが諦めきれないものが根底にあるらしく、いつも優秀さの方は自分が引き継いだのだと自慢する。二人とも、性格は似通って酷い。その上で選ぶなら当然、右の娘だろう。左の娘は小さすぎる。先月まで小学生だった娘を好きになるなんて、それは害悪以外のなにものでもない。病気だ。よって僕には、そもそも選択の余地などない。好きになった。そんなことを唐突に言われても左の娘のそれは外面に留まる。内面から現れる特有の人間性や好意といったものが一切欠けて、恋愛などできない。僕以上の病の中にあった。一族の意思とかそういうのは全部無視しろよと、思わず叫んでしまいたくなる。柄にもなくだ。常に頭を押さえつける抗いがたいものを感じて、そこには先祖から引き継いだ、遺伝子の圧力の影がちらつく。それが僕たちの血液への疑問の全てが罪だと、常識として頭を押さえる。だがなにもかも遺伝子に左右されるならどれ程楽か。それこそ、人間の性癖が遺伝子で決まるのなら僕は小さい娘が大好きで仕方ない。そんな風に偉大なる男が、異様かつ異常な年下好きだったなら話はややこしくならなかったかもしれない。小さい娘に欲情する分かりやすい変態でしかもなんとなく許される。そんな都合の良い環境で生きていけるはずもなく大半は認めない。だが右側の家系に属する者は邪な欲望を維持して、その血の濃さを絶やさないように努めてきた。内を見続ければ、輪が閉じていくことを承知で捨て去れない妄念のようなものに囚われていた。自分はそうなりたくないと反発しても、結局は血脈に抗うことはできないのかもしれない。だとするなら左の娘だが、彼女も運がないものだ。血流の鎖に縛られた常識の不自由も分からず、理解できるのは現存する一族の中で僕ぐらいだ。だからこそ、彼女を嫁と選ぶわけにはいかない。血統の呪いではなく、それこそ自然体のまま、彼女が様々な愛を受け入れることを切に願う。魅力に溢れた娘にとか、そんなことは望まない。血の為だけに生まれた存在。今もそれを信じて、それを誇りに思うことの過ちを知ってほしい。僕の欲であっても構わないから言ってやりたい。だけど今の僕が叫んでも、その声は届かない。彼女は血液に屈している。その呪いを解いて、外にある自らの魂の渇望、咆哮を感じてほしい。意思を奪い取り、頷くだけのはずだった。が、しかし僕はこの一族の過ちに気づいてしまった。血の流れ方を決めるのは、自分にしかできない。僕は一族と決別してでも、自分の望を求める。いつか彼女に全部言えるといいと、心から願う。

      【读法二】

      その男がこの星に生を受けて、そして死んだ理由を説明されても大抵は納得できない。その偉大なる男が、異様かつ異常な年下好きだったことが彼女たちの因果の始まりだった。二人の娘たちがそれこそ、あまりかわいくなかったのなら話はややこしくならなかったかもしれない。共通の祖先に該当するその人物は非常に優秀、で終わりなら良かったのだが、勿体ないことに小さい娘に欲情する分かりやすい変態でしかも人類の見本のように讚えられていたとされる。人が羡むほどの外見を有していた。それゆえになんとなく許される。そんな都合の良い環境で男が二人の子供を世に産み出して、その中の一人はその在り方を認める。しかし、それだけで生きていけるはずもなく大半は認めない。だが人が時を経て男の血が薄まることを想像して、すべて解決することを願うのは愚かという奴だ。右側の家系に属する者は邪な欲望を維持して、その根絶を恐れた。それを防ぐため、家系図の右の娘には一族の思想に基づく教育が施されて、その血の濃さを絶やさないように努めてきた。右側の系譜を行く者たちは近親交配を重ねて、血統こそ誇りであるという価値観を完成させた。内を見続ければ、輪が閉じていくことを承知で次世代に血を受け継がせる道を選んだ。一方の左の娘は自然体で、あるがままを良しとしたが捨て去れない妄念のようなものに囚われていた。左側の家系図は、天才が生まれたことについて諦めきれないものが根底にあるらしく、いつも自分はそうなりたくないと反発しても、結局は血統ではなく偶然の結び合った結果と捉えて、優秀さの方は自分が引き継いだのだと自慢する。血脈に抗うことはできないのかもしれない。だけど祖先の人柄を欠かさず伝えて子孫を生んだ。二人とも、性格は似通って酷い。その上で選ぶとするなら左の娘だが、彼女も運がないものだ。当然、僕たちはおかしいさ。世間一般の常識でなら当然、右の娘だろう。左の娘は小さすぎる。血流の鎖に縛られた常識の不自由も分からず、判断すれば。だが信念は生き延び、今に至る。先月まで小学生だった娘を好きになるなんて、理解できるのは現存する一族の中で僕ぐらいだ。右側の娘は高校三年生。僕よりも一つ年上で、それは害悪以外のなにものでもない。病気だ。だからこそ、彼女を嫁と選ぶわけにはいかない。能力と鼻の高さに加えて、容姿も大人びている。よって僕には、そもそも選択の余地などない。血統の呪いではなく、それこそ自然体のまま、今年に中学へ進学したばかりの、左の女の子を好きになった。そんなことを唐突に言われても彼女が様々な愛を受け入れることを切に願う。素直に評価するならかわいらしい見た目だが、左の娘のそれは外面に留まる。内面から現れる魅力に溢れた娘にとか、そんなことは望まない。中身は語る必要がない。典型的な一族の一員で、特有の人間性や好意といったものが一切欠けて、血の為だけに生まれた存在。今もそれを信じて、遺伝子と過去に囚われている。そんな女の子と恋愛などできない。僕以上の病の中にあった。それを誇りに思うことの過ちを知ってほしい。何年も待たないですぐ子供を作ってしまえと、一族の意思とかそういうのは全部無視しろよと、僕の欲であっても構わないから言ってやりたい。その強要が今の僕を取り巻くもの、呪いだった。思わず叫んでしまいたくなる。柄にもなくだ。だけど今の僕が叫んでも、その声は届かない。祖先の血というのは僕らにとって呪縛に等しい。常に頭を押さえつける抗いがたいものを感じて、彼女は血液に屈している。その呪いを解いて、年齢や世間体など省みずに子を成せと命じる。そこには先祖から引き継いだ、遺伝子の圧力の外にある自らの魂の渇望、咆哮を感じてほしい。血の連鎖こそが使命である、身内だけの常識の影がちらつく。それが僕たちの血液への疑問の意思を奪い取り、頷くだけのはずだった。が、その向こう側に、そこでやっと気づかされた。全てが罪だと、常識として頭を押さえる。だがしかし僕はこの一族の過ちに気づいてしまった。僕を突き動かす衝動は、一族への激しい反発だ。なにもかも遺伝子に左右されるならどれ程楽か。血の流れ方を決めるのは、自分にしかできない。僕の血は得いのか、一族との距離を強く感じる。それこそ、人間の性癖が遺伝子で決まるのなら僕は一族と決別してでも、自分の望を求める。その道がどれほど苦難の連続か語られようとも、僕は小さい娘が大好きで仕方ない。そんな風にいつか彼女に全部言えるといいと、心から願う。

      入间人间还写过几篇结构特殊的小说,包括全文每一个段落的字符数比上一段落多一个的『光の庭』、全文每句话字数相同的『庭の光』,以及字数和符号位置完全对仗的『犬の道』和『道の犬』。这几篇小说都极难被完美翻译成其他语言……我以前是这么想的,但是flankoi老师几年前就成功把前两篇翻译成了中文,参见「光之庭院」/「庭院之光」

      请登录之后再进行评论

      登录
      帖子间隔 侧栏位置: